山口県下関市ジェラート Mamenaと酪農

酪農を学びジェラート店オープンへ

山口県下関市のジェラートMamenaのプロフィールです。牛に関する仕事に就きたいと酪農について学び、酪農家の夫との結婚を機に乳製品の加工に興味を持ちました。素材や配合によってさまざまな味わいになるジェラートを知り、下関市内のジェラート店で修行。子どもも生まれ、添加物不使用のジェラートにさらに興味を持ち、おいしくて体に優しいジェラートを提供したいと小さなジェラテリアMamenaをオープンしました。

プロフィール

山口県下関市Mamenaジェラート

Mamena 林 尚子

平成15年3月
財団法人 中国四国酪農大学校卒業  酪農について、生乳の取扱い、加工について学ぶ。     
平成15年4月~ 
下関農業協同組合 3年間勤務。畜産の他、接客対応、経理に関わる業務。

平成18年6月~
山口県酪農農業協同組合 6年間勤務。家畜人工授精師として授精業務と酪農家への経営指導業務で異世代との交流の仕方を学ぶ。
生産現場の声ということでコープやまぐち会員さん向けの牛についてのお話、小学校への出前授業(牛について)にも参加     
平成25年1月~
ジェラートショップへアルバイト入社 半年間修行。 
ジェラート製造の研修会に参加して基礎知識を習得、製造販売接客業務。

健康な牛から採れるおいしい牛乳

 酪農には牛の美人コンテストというものがあります。乳牛の美しさの基準は、いかに健康で長く牛舎で過ごし、多くの乳を生産することができるかということが重要です。例えば体の長い牛が良い→大きな胃袋を持っている体だから沢山餌を食い込むことができ、栄養価の高い良質な生乳が採れるのです。Mamenaジェラートのミルクはやまぐちきらら牛乳を使っています。山口県内でも生乳生産成績の良い酪農家の生乳を集めた牛乳です。

Mamenaジェラート

牛の美人コンテストで優勝しました。
酪農家の日々の細やかな管理によって、牛の健康と安心安全でおいしい牛乳の生産があります。